Home 暗号プロセッサ OpenICF3


Thunderbird

ThunderbirdでS/MIME証明書を使用して署名をする方法。 ここではmyuTokenを使う方法。

事前準備(1)

ThunderbirdとmyuTokenをインストールします。

事前準備(2)

S/MIME証明書の取得。ここでは、COMODOのS/MIME証明書を使って説明します。 取得の方法については、次のURLを参考にしてください。
http://www.icf.jpn.org/web/smime.html

事前準備(3)

myuTokenを使ってICカードに署名で使うS/MIME証明書をインポートしておきます。

中間CA証明書をインポート

COMODOのS/MIME証明書は、中間CA証明書がThunderbirdに入っていないため自分でインポートする必要があります。 COMODOのS/MIME証明書で署名されたメールをThunderbirdで受信することで自動的にインポートされすので、 受信者は、いちいち中間CA証明書をインポートする必要はありません。最初にS/MIME署名されたメールを送信する 場合のみ中間CA証明書をインポートする必要があります。
まずmyuTokenで中間CA証明書を取り出します。

ファイルとして出力されたca1.cerとca2.cerが中間CA証明書で、ca2.cerがより上位の中間CA証明書です。

Thunderbirdを起動し、中間CA証明書をインポートします

ca2.cerを先にインポートします。

証明書の審査を行い、正しく検証できていることを確認します。

次にca1.cerをインポートします。

証明書の審査を行い、正しく検証できていることを確認します。

PKCS#11の設定

ThunderbirdとmyuTokenをインストールしただけでは、ThunderbirdはICカードを認識してくれません。 PKCS#11の設定をしてやる必要があります。ICカードを挿入後、Thunderbirdを起動します。

C:\Windows\System32\icardmodpk.dll を選択します。

アカウントの設定

S/MIME証明書を使うアカウントの設定を行います。 ICカードを挿入後、Thunderbirdを起動します。
アカウントの設定からセキュリティを選択

署名メールの送信

メールを作成し、「このメッセージにデジタル署名する」をチェックしてメールを送信します。


戻る


AdMax広告