Home 暗号プロセッサ OpenICF3


高速に7で割った余りを演算する論理

7の倍数かどうかを判定する10進数による方法は知られているが、計算機では10進数による 方法は使えない。計算機で高速に7で割った余りを演算する論理を説明します。 どうして、この方法で答えがでるのかは、考えてみよう。

最近は、FPGAつきのCPUがあるから素数判定の高速化に使えるかも。



AdMax広告