Home 暗号プロセッサ OpenICF3


au WALLETプリペイドカードを使ってみた

まず、自分は電子マネーの専門家ではなくセキュリティ関係人間です。 その自分が使ってみての報告です。 動機はクレジットカードはとても利便性の高いものだがカード番号とセキュリティコードを 入力するだけで購入できるため疑問を感じていたこと。いまどき、どこにWebカメラが仕掛けられているか わからないのだ。セキュリティコードを撮影され、勝手に使われる可能性があると思ったのだ。
au WALLETプリペイドカードはクレジットカードの支払い方をするプリペイドカードということで、 もしかしてクレジットカード番号を勝手に使われる被害を最小限にするのに役に立つのかなと思ったのだ。

ちなみにau WALLETクレジットカードというものがあり、これはクレジットカードで別物



使えたお店

amazon
ヨドバシ.com
ALiExpress (為替手数料 4%)
AEON (WAONポイントもついてしまうが株主優待3%がつかない)



使えなかったお店

さくらインターネット (2017年1月)
DELL (日本の通販ショップ) (2017年1月)



ガラホでチャージ

じぶん銀行からのチャージを使おうとしたらガラホGRATINA 4Gではログインできない。 じぶん銀行に問い合わせをしてもアプリではなくブラウザからならログインできるようなことを言っていたが、 何度やってもログインできなかった。 ガラホはGoogle Playに対応していないため不便だがネットバンクの端末としては便利だと考えたのだが。



まとめ

このページを更新していく予定なので結論は変わっていくが、 現状、使えないお店が結構あるっぽい。海外の買い物では為替手数料 4%というのを見落としていた。 このためau WALLETクレジットカードを作ることに。 au WALLETとして両方を管理できるのがメリットかと思うが、クレジットカードを作るときに発生する 大量ポイントがつきにくいかもしれない。

上記内容の誤りや追加情報など、ありましたら ツイッターにご連絡ください。